簡単で安心の施術

顔の手入れ

誰にでも体のどこかに一つはほくろがあるものです。一見同じように見えますが、種類がいくつかあります。先天的なものや後天的なもの、徐々に大きくなるものなど様々です。紫外線の影響を受けたほくろもあれば、生まれつきできやすい人もいます。注意したいのがメラノーマです。メラノーマはほくろのように見えますが皮膚ガンの一種であり、すぐに治療が必要です。治療自体は比較的簡単な方なので、気になったらすぐに病院に行くと良いでしょう。ほくろ除去を行う場合は、除去したいほくろがメラノーマでないかどうかを見極める必要があります。メラノーマだった場合は除去する方法が変わってくるからです。ほくろ除去で行われている施術方法は、レーザーや切除などがあります。ほくろの大きさや深さなど状況によってぴったりの方法を選択することになります。メラノーマの場合はレーザーは避け、切除が適した方法といえるでしょう。まずはクリニックで除去したいほくろがメラノーマであるかどうかを調べてもらいましょう。

小さくて盛り上がりの無いほくろ除去ではレーザーが用いられます。レーザーの場合は10分程度で済みますし、腫れや痛みも残らないためダウンタイムについても心配は要らないでしょう。ほくろは見た目が平らでも深さがそれぞれ違っています。深さがある場合は一度の施術では除去しきれないこともあり、その場合は何度かに分けて徐々に薄くしていきます。少しずつレーザー照射することできれいにほくろ除去を進めていくことができるのです。大きめで盛り上がりのあるほくろは切除手術をすることになります。手術と言っても局所麻酔で簡単に短時間で行うことができます。術後は傷口を保護するため水に濡れないように気をつける必要があります。部位にもよりますが長くても二週間程度、顔であれば一週間程度が目安です。盛り上がりのあるほくろ除去は切除が手っ取り早くきれいに仕上がる方法と言えます。ほくろ除去はドクターの技術にもよるところがあるので、信頼できるクリニックとドクターを選ぶことから始めましょう。