ほくろの除去

ほくろの除去の今後

女性

ほくろは顔にたくさんあると見苦しく見える場合もあるだけでなく、大きなほくろがあると醜く見える場合もあります。また、ほくろそのものが腫瘍である場合もあります。そのため、ほくろ除去の方法については昔から注目されていました。その結果、これまでの研究の積み重ねもあり、現在のほくろ除去の方法はきれいで確実なものとなりました。その現在のほくろ除去の主流となっているものが炭酸レーザーによるものです。炭酸レーザーによるほくろ除去は多くの場合、ほとんど確実に除去でき、日帰りで手術も終わる他、その後のアフターフォローも一カ月前後、週に一回の診察を行う程度で済みます。勿論、ほくろの除去を行う際には部分麻酔を投与するので、無痛となります。しかしながら、いくら最先端の炭酸レーザーでも、患部が日光に当たると、せっかく除去したほくろが復活する可能性もあります。そのため、今後の展望としては、より確実に、復活しないような技術が望まれる他、傷跡がより目立たなくなるものも期待されています。

ほくろの除去の特徴

ほくろ除去の特徴は、皮膚の深部まで確実に取り除くことにあります。そのため、表面だけいくら削ったとしても、深部まで取り除かなければ再発する可能性があります。その深部まで取り除くための方法が炭酸レーザーです。炭酸レーザーは照射する部分が限局的でありながら、深い所まで照射できるので、傷跡はほとんど残らず、きれいに除去することができます。また、レーザーで除去した後も、痛みが続くこともほとんどありません。また、時間と共に傷が癒えれば、ほとんど跡はわからなくなります。大きなほくろの除去には炭酸レーザーを使用した後、傷口を縫ったりもしますが、それでも時間と共に、跡はわからなくなる程です。そうした炭酸レーザーによるほくろ除去を行いたいと考えるなら、美容整形外科にかかる必要があります。美容整形外科にかかれば、その後のアフターフォローもしっかりとしており、服薬も行いながら、きれいに除去してもらえます。勿論、個数が多かったり、ほくろが大きければ、それだけ費用もかかりますが、その辺りのことも相談に乗ってくれるのが最近の美容整形外科のほくろ除去の特徴的な点であると言えます。