簡単に消すことができます

女性

ほくろのサイズが小さいならば、レーザーを使ってほくろ除去が行われます。短時間で済み、目立つような傷跡が残らずにほくろをなくすことができます。また、ほくろには良性と悪性がありますので理解しましょう。

詳細を確認する...

気にして取る人もいます

女性

大きく目立つ場合や、数が多い、まぶたや唇など化粧の妨げになるなどの理由でほくろ除去を行う人が手軽に行える医療機関は多数あります。ほくろ除去には様々な方法があり、メスによりほくろをくり抜き除去し、皮膚組織の自然な盛り上がりにより修復する方法や、場所により盛り上がりによる修復がしにくい場所は切除し術後縫い合わせる方法があり、手術後の傷がきれいに治る場合があります。これらは一般的な皮膚科や美容外科、一部の形成外科でも行っていいて、保険の適用対象となります。次に医療用レーザーを使用する場合、炭酸ガスレーザーをほくろに照射してほくろを組織ごと蒸散させ、組織の自然な盛り上がりにより傷を修復し治癒させる方法や、ほくろの色の原因であるメラニンに反応するレーザーを使用し、ほくろの組織のなかの色素をつくる細胞を脱落させることにより目立たなくする方法で、ほくろの組織はの残るため盛り上がりのないほくろに適します。これらレーザーを使用したほくろ除去は美容外科が主に行っていて保険の適用外となります。近年お手軽感が強くなった美容外科で脱毛などの施術を受けるついでにほくろ除去をする場合もあると思います。

ほくろというのは俗称で、正式には色素母斑といい、メラニンを作り出すメラノサイトという細胞が皮膚の一部分に集結し黒く見えるものをいいます。このなかで皮膚のごく浅い部分でメラニンを生成したものは単純黒子とよばれ、盛り上がりがないため、レーザーにより色素脱色する事で目立たなくなります。そのほかにメラノサイトが、層状に重なり盛り上がり形成させたほくろを色素母斑と言います。その色も着色していないものから、茶色など様々で皮膚の表面に盛り上がるものから、内部へ向かって増えていくものまであります。ほくろは普通誰にでもありあまり気にしていない人もいますが、元々これらは良性の腫瘍でありまれに悪性の腫瘍や最悪の場合癌化する場合もあります。良性の場合放っておいても悪性化することはほとんどありませんが、刺激により悪性化する場合もあるので注意が必要です。ほくろ除去を行う前には、悪性でないかどんな種類なのか、どの除去方法が適しているかなど確実に検査を行っている医療機関で行う事が大事です。

適切に取り除けるためには

シミ

ほくろ除去はまとめて行うことでリーズナブルな費用となる医療機関もあることが知られているため、大変便利といわれています。短時間で済み肌への副作用も少ない治療や、1回で取り除ける治療などがあるので費用を確認します。

詳細を確認する...

病院の選び方を知る

整形

ほくろに悩んでいる人は、口コミサイトで評価されている美容クリニックを受診して治療を受けましょう。美容クリニックでは、腕のある医師が治療を行ってくれるので安心して治療に専念することが可能です。

詳細を確認する...

簡単で安心の施術

顔の手入れ

ほくろ除去はレーザーや切除などの方法で行われます。平らなほくろはレーザー、盛り上がりのあるほくろは切除といったように、大きさや形によって適した方法を選ぶことになります。メラノーマでないかきちんと診断してもらいます。

詳細を確認する...

ほくろの除去

女性

炭酸レーザーの技術が確立されたことにより、現在ではきれにほくろ除去することができます。今後はより確実で、再発しないような技術の確立が期待されています。その炭酸レーザーを受けるには美容整形外科だと可能です。

詳細を確認する...